活動履歴

KUROSOLO参番『涯なし』

当演目は2002年に「ハッピーエンド」として初演を迎え、
その後、「ハッピーエンド」→「ハッピーエンドレス」→「KUROSOLO番外 涯なし(はてなし)」→「KUROSOLO参番 涯なし」と改題しています。

  • 原案:岡本芳一/作劇:黒谷都、岡本芳一
  • 人形美術:渡辺数憲/演者:黒谷都
  • 音構成:山口敏宏/照明プラン:しもだめぐみ

内容紹介

モノ語りは、漆黒の空間に白い等身大人形と黒衣の人形遣いで繰り広げられる。
長い時間連れ添った人形と人形遣いは、互いの存在に葛藤し、もがきながら、これ迄もこれからも共に歩む。
人形遣い黒谷都と人形の共感覚が良く現れた作品である。
ロシアにて最高女性演技者賞、グランプリ。セルビアにて最高の芸術に対する特賞。など海外コンペでは無冠なし。

(台詞)
白雪姫が生まれた時、
鏡に問いかけたのはわたしだったかもしれない。
でも、毒林檎をあげたのはあなた。 食べたのは、、、、、

かぼちゃとねずみを馬車に仕立てたのは、ほかの誰か。
ガラスの靴を忘れたのはあなた。

赤ずきんはいつだって狼を好きになってしまう。
私はおばあさんをだました。
あなたは私を食べた。

空豆を植えたのは私。
昇って行ったのも私。
大男に出会ったのは、、、、私たち。

オレンジマーマレードのつぼを貴方は投げた。
だから私たち、ハートのクィーンに叱られた。

オーロラ姫を眠らせたのは貴方?
王子さまは、まだイバラと戦っているの?、、、、、、戦ってるの?????

私たちはいつも一緒にいる。
でも、ひとりじゃない。でも、ふたりじゃない。
私たちはいつも、、、、、、、、、、、あなた、、、、、

(解説)
人形遣いと人形が1つの役を演じる中で、どの部分を自分が担ったか、に関してもめている会話で、人形遣いの独り語りです。
出典童話は「白雪姫」「赤ずきん」「ジャックと豆の木」「不思議の国のアリス」「イバラ姫」です。
最後のあなたは、声に出してませんが、他の人=観客と云う意味合いです。

ギャラリー

涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真
涯なし 公演写真

(Photo by 紀あさ)

上演履歴

KUROSOLO参番『涯なし』
2002年8月「いいだ人形劇フェスタ」にて「演目名:ハッピーエンド」として初演
(於:飯田人形劇場)

百鬼どんどろ・岡本芳一書き下ろし「夢のうつつ・現つのゆめ」シリーズ 第参夜番外:4作品(※)合同公演の内の1作として初演を迎える。

(※)フェイク(塚田次実)、サンデーモーニング(桑原美加)、ノック(日比野ざざ)、ハッピーエンド(黒谷都)
2002年
11月・12月
夢のうつつ・現つのゆめ「踊る仮面ともう一人の私たち」3作品(※)合同連続公演
(於:ライヴハウス西荻「音や金時」)

(※)フェイク(塚田次実)、ノック(日比野ざざ)、ハッピーエンド(黒谷都)

これを以って、「今後は独自に展開して行くように」という岡本の意向により「ハッピーエンド」は「夢のうつつ・現つのゆめ」シリーズから外れる。
2006年
6月〜9月
KUROSOLO弐番「SHU INN」にて、テナーサックス奏者:鈴木放屁氏との即興ライヴを実施。
「白い子」を遣う。
(於:六本木ストライプハウスギャラリー)
2007年4月チェコ、プラハ・カドリエンナーレ(通称PQ、国際舞台美術展)
「ハッピーエンドレス(ハッピーエンド改題)」として上演
(於:人形劇ブース 仮設舞台)
詳細不明のフェス
(於:ブルガリア ソフィア)
2009年9月影絵サークル シルエットフェア30周年記念にて2作品(※)合同公演
(於:横浜赤いくつ劇場)

(※)フェイク(塚田次実)、ハッピーエンドレス(黒谷都)
2010年
1月30日
人形演劇祭“inochi”特集:ヒトとニンギョウ・交感するモノたち
3作品(※)合同公演
(於:調布市せんがわ劇場)

「涯なし(ハッピーエンドレス改題)」として上演

(※)フェイク(塚田次実)、雲上(森田晋玄)、KUROSOLO番外「涯なし」(黒谷都)
2011年8月アジア一人劇祭にて KUROSOLO参番「涯なし」 公演
(於:韓国)

本公演を機に、「涯なし」は番外 → 参番として正式に"KUROSOLO"演目として独立
2011年10月原田依幸(ピアノ)氏と即興ライヴ
(於:入谷なってるハウス)
2013年6月オムスク国際人形演劇祭 招待参加:最高女性演技者賞受賞
(於:ロシア・オムスク)
2013年8月おもちカフェにて公演
(於:仙台、おもちカフェ)
2013年9月サハリン国際人形演劇祭 招待参加
(於:ロシア・サハリン)
2014年4月Memoro de nia〜我らの記憶〜
三者4作品(※)合同公演
(於:高円寺、明石スタジオ)

(※)あんちゃ(黒谷都)、鳥のものがたり(北井あけみ)、チョコボール(辻桃江)、KUROSOLO参番「涯なし」(黒谷都)
2014年5月クルガン国際人形演劇祭 招待参加:グランプリ受賞
(於:ロシア・クルガン)
2014年9月スボティツァ国際青少年演劇祭:特別賞 概念的且つ最高の芸術的成果に対して受賞
(於:セルビア・スボティツァ)
2015年4月ロシア・クルガン日本文化月間にて前年度グランプリ受賞として招待公演
(於:ガリバー人形劇場)
2015年6月「大人のための国際人形演劇演劇祭」
(於:ポーランド・ビリャウストック)
2015年9月“inochi”2015〜考える手〜
(於:六本木ストライプハウススペースBフロア)
2017年8月国内初の劇場単独公演
(於:埼玉県富士見市文化会館「キラリ☆ふじみ」マルチホール)
アフタートークゲスト:結城一糸氏、玉木暢子氏
2018年9月サマーラ国際人形演劇祭 招待参加
(於:ロシア・サマーラ)
2020年5月(コロナ禍により中止)ボーフム国際人形演劇祭「FIDENA」
(於:ドイツ・ボーフム)
2020年10月(コロナ禍により中止)パペット&オルタナティヴ国際人形劇フェスティバル「スクポヴァ・ピルゼン」
(於:チェコ・ピルゼン)

人形紹介

白い子
白い子
  • 作者:渡辺数憲
  • 種類:胴串抱え遣い人形
  • 生年:2002年 夏
  • 愛称:ゆきちゃん
  • 遣い手:黒谷都

レビュー

その他

2017年公演時の特設サイトはコチラ

いいね!0
読み込み中...