活動履歴

unco happy!『モノ語り◇水仙月の四日』

2013年3月に開催された「第3回 人形演劇祭“inochi”」(於:調布市せんがわ劇場)特別新作公演作品。
コードネーム「unco happy!」版

  • 原作:宮沢賢治「水仙月の四日」「ガドルフの百合」
  • 作劇/演出:黒谷都
  • 人形美術:渡辺数憲(赤いケットの子ども)北井あけみ(雪狼ほか) 
  • オブジェ/造形、美術監修:松沢香代
  • 舞台気功進行:渡辺数憲
  • 作曲/演奏:原田依幸 音響:青木タクヘイ
  • 照明:しもだめぐみ
  • 美術製作:南波瑞樹・田中リヨヌ  版画:小倉良博 
  • 協力:南波瑞樹・田中リヨヌ・unco member
  • 出演:北井あけみ、塚田次実、小倉良博、黒谷都

http://unco–happy.blog.so-net.ne.jp/

内容紹介

コードネーム:unco happy! (発音:アンコゥハッピィ)勿論ウンコと言う誤読に惹かれた。
意味:unco=見慣れない・奇妙な・きみの悪い・並外れた・目立つ、unco happy=とっても幸せ

2011年3月11日以後の初創作作品として臨んだ、宮沢賢治「水仙月の四日」と「ガドルフの百合」にインスパイアされながら、4人でWS重ね創作された作品です。
「ヒトを越える力がある」という感覚への、それぞれの根っこと憧れ。その多方向へのブレに向き合いながら、とどのつまり「ヒトを越える力がある」という体感の希薄さと、記憶の濃さと、観念の葛藤。まやかしの呪師に堕しないことのみ見据えて、 雪降ってるだけの、嵐なだけの、歩いて、思い焦がれているだけの、たった一日の、特別な一日の「モノ語り」です。

ギャラリー

(Photo by 紀あさ )

上演履歴

  • 2013年3月15日(木)〜17日(土) (於)調布市せんがわ劇場 「第3回 人形演劇祭“inochi”」
  • 2016年1月29日(金)〜30日(土) (於)富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ マルチホール

出演者紹介

「水仙月の四日」
赤いケットの少年、呼び名:いっちゃん
  • 作者:渡辺数憲
「水仙月の四日」
雪狼(ゆきおいの)
  • 作者:北井あけみ 
「水仙月の四日」
unco happu!
  • 北井あけみ/黒谷都/小倉良博/塚田次実

その他

いいね!0
読み込み中...